効果長持ちの為の普段のお手入れでの工夫

ケミカルピーリング後のケア

ケミカルピーリングを行うことによって、毛穴の汚れや古い角質などを取り除き肌のくすみなどを改善することができます。しかし、余分な角質だけではなく必要な角質も剥がれ落ちてしまっている状態ですので、普段よりも肌が敏感で乾燥しやすい状態になっています。
そのためケミカルピーリング後は、きちんとスキンケアを行うことが大切です。ケミカルピーリング後のケアが、その後の肌の状態を左右することになります。
きちんとケアしなければ、新しい肌トラブルの原因になってしまいます。

ケミカルピーリング直後に行いたいケアが、日焼け止めを塗るということです。必要な角質が落ちている状態ですので、少し日に当たっただけでもいつもよりも紫外線のダメージが大きくなります。紫外線のダメージによって乾燥などの肌トラブルだけではなく、シミができてしまうこともあるため紫外線対策を行うことは重要です。
また、肌の保湿もしっかり行っていきます。化粧水は数回に分けて浸透させていくことがポイントです。化粧水で肌を潤した後は、クリームで蓋をします。いつもよりもたっぷり目のクリームを使って、顔全体の油分を補います。皮膚が薄い部分は重ね塗りすると効果的です。

日常のケアで注意したい点

ケミカルピーリングの効果を持続させるためには、乾燥と紫外線のダメージに気をつけることが大切です。日頃のスキンケアをきちんと行うことが、効果の持続につながります。 工夫したいところとしては、洗浄力の強いメイク落としや洗顔料はケミカルピーリング後には使わないという点が挙げられます。メイクは普通に行うことはできますが、洗浄力の強いメイク落としなどは必要な潤いなども落としてしまうためより肌に負担がかかってしまいます。肌にダメージを与えてしまえば、様々なトラブルにつながります。 一時的に敏感肌の状態になってしまうため、普段使っているメイクでも刺激となってしまいこともあるため注意が必要です。 肌に余計な刺激を与えないためにも、敏感肌用のアイテムを使用するというのも簡単にできる工夫と言えます。それに加えて、施術後は朝と夜に化粧水で保湿を行うことを意識していきます。赤みがある場合には、冷蔵庫などで冷やした化粧水を使用するのも良いとされています。 また、いつもより皮膚が薄くなっているため、アカスリやホームケアでの角質除去などは避けるようにします。 きちんと紫外線対策も保湿ケアも行っているのに、赤みや水膨れなどの症状が続いてしまうという場合には、医師に相談することが大切です。

© Copyright Best Chemical Face Peels. All Rights Reserved.