ケミカルピーリングの効果

ケミカルピーリングって何?

ケミカルピーリングとはエステや病院で受けられる施術の一つで、皮膚にグリコール酸やサリチル酸といった化学薬品を塗って、皮膚を剥がします。そうすることで起こるいろいろな現象を利用し、ニキビやシミを治療することを目的としているのです。昔は欧米などで広く行われていましたが、1990年代に入って日本でも普及するようになりました。ケミカルピーリングは治療ガイドラインが設けられている施術方法で、ニキビなどの治療を目的とする場合は病院での治療という形になります。エステサロンでもケミカルピーリングは受けることができますが、こちらは美容目的で、治療を目的とした施術は法律で禁止されているので注意しましょう。

ケミカルピーリングはどのようにして肌に働きかけるのでしょうか。古い角質層を取り除くと、皮膚の中に留まっていたメラニン色素が一緒に抜け落ち、シミが改善されます。また角質は薬剤によって均等に剥がされるので、くすみも同様に改善することが可能です。またケミカルピーリングは毛穴に詰まっている角栓を取り除く効果もあります。これによってニキビの症状を軽減したり、開きっぱなしになっている毛穴から汚れを排出させる効果もあるのです。

ケミカルピーリングは痛いの?

ケミカルピーリングは化学薬品で皮膚を剥がし、それによって起こる効果を利用する施術です。「皮膚を剥がす」と聞くと怖いと感じるかもしれませんが、もちろん皮膚を傷めつけるのではなく、角層を除去することで肌の再生機能を刺激し、新しい皮膚が作られるのを促して肌を綺麗にすることを目的としているのです。ここで気になるのが、施術は痛いのかという点。ケミカルピーリングは、人によってはピリピリとした痛みを感じることがあります。施術の後も皮膚が赤くなったり乾燥したりすることが多いですが、これは角質層が剥がれたことによるものです。紫外線ダメージを受けやすくなっているので、しっかり肌をガードする必要があります。

皮膚に塗布する薬剤は日々進化しています。最新のケミカルピーリングでは、施術中のピリピリした痛みや施術後の赤みが少なくなるという点が注目を集めています。その一つがミックスピーリングです。これは天然乳酸を主体に、グリコール酸とサリチル酸が配合された医療用のピーリング剤で、治療中の刺激や治療後の赤みが少なくなるように設計されています。最小のリスクで最大の効果を得られると言われており、これまでのケミカルピーリングが合わなかった人でも利用できる可能性があります。

© Copyright Best Chemical Face Peels. All Rights Reserved.