ケミカルピーリングの方法

最新のケミカルピーリング方法

ケミカルピーリングとは、薬剤を使用して古い角質などを取り除いて肌のターンオーバーを促して美肌をつくる方法です。強力な効果のあるものは効果的ですが、痛みも強くダウンタイムが長く日本ではあまり人気のない施術となっています。また、痛みがピリピリする程度でダウンタイムも短いリスクの低い方法もありますが、効果がマイルドで期待外れだったというケースも考えられます。
しかし、近年では痛みの少ない最新のケミカルピーリング方法も出てきているため、美肌になる美容方法として注目されています。

最新のケミカルピーリング方法として注目されているのが、「サリチル酸マクロゴールピーリング」になります。文字通りサリチル酸を、マクロゴールという成分に溶かして行うピーリングです。
ケミカルピーリングの方法の中でも痛みや副作用が少ないことから、ベビーピールとも呼ぼれています。
サリチル酸は角質を溶かす成分が含まれていてピーリング効果がありますが、肌への浸透力が強すぎて痛みや赤み、炎症などの副作用がある成分です。そこにマクロゴールという成分を混ぜることによって、皮膚の奥まで浸透するのを防いで酸が皮膚の表面の角質層のみに反応するため痛みなどが起こりにくくなっています。

最新のケミカルピーリング方法のメリット・デメリット

最新のケミカルピーリング方法のサリチル酸マクロゴールピーリングは、皮膚の表面を溶かすことで肌のターンオーバーを整える効果があります。そのため、皮膚が硬くなることで起こりやすくなるニキビをできにくくしたり、ニキビ跡の凸凹の改善、シミや色素沈着の改善、毛穴の開きを引き締める効果などを期待できます。
この方法の最大のメリットは、従来のピーリングに比べるとマクロゴールの効果によって赤みや痛みなどのトラブルが軽減されているということが挙げられます。肌質の改善効果も得ることができ、高い効果を期待できるため従来のピーリングよりも頻度は少なくて済みます。

ただし、最新の方法であってもデメリットはあります。痛みや副作用などが少なくても、ピーリングですので施術を行った後は肌が薄くなり、肌のバリア機能も低下します。そのため施術後は紫外線の影響が強くなるため、外に出るときには紫外線対策が必須です。また、皮膚が乾燥しやすい敏感肌の状態になるため、通常の時よりもしっかり保湿ケアを行うことが対移設です。
角質層のみに効果のあるピーリングですので、皮下組織の問題であるクレータータイプのニキビ跡には効果が出にくいというのもデメリットと言えます。

© Copyright Best Chemical Face Peels. All Rights Reserved.