ケミカルピーリングの施術後の注意点

紫外線やメイクで肌に刺激を与えない

一つは紫外線対策をすることです。ケミカルピーリング後は肌が敏感な状態なのでちょっとした刺激を受けやすく、肌を傷つけてしまうことがあります。ケミカルピーリング後の肌に紫外線を浴びると、肌が乾燥しやすくなるほか、色素沈着を起こしシミになってしまう可能性も。紫外線を防ぐためにも、日傘や帽子、マスクなどを用意して肌を紫外線から守りましょう。

日焼け止めを使う場合は肌に低刺激のものを使います。日焼け止めは肌に刺激のある成分が含まれていることがあり、肌荒れの原因になることがあります。また日焼け止めの中には、クレンジングをしっかりしなければ肌に成分が残ってしまうものがあります。そのため、肌をこすりすぎて肌荒れしやすくなることも。クレンジングしやすく、肌に刺激となる成分が含まれていない日焼け止めを選ぶことが必要です。

また、肌の刺激となるメイクは控えめにしましょう。ファンデーションなどのメイク用品に含まれる成分が肌への刺激となることがあります。どうしても必要な場合は、肌に負担の少ないと言われるミネラルファンデーションなどを使うとよいでしょう。洗顔は肌に優しい成分のものを使い、肌をこすらないようにていねいに優しく洗うことです。マスカラや口紅などのポイントメイクは専用のクレンジング剤を使用し、ケミカルピーリングの施術を受けた部分に、マスカラなどの繊維が付着しないようにクレンジングをしましょう。

保湿ケアで肌の乾燥対策をする

ケミカルピーリング後の肌を乾燥から守るためにも、保湿ケアをしっかりすることが大切です。化粧水をたっぷりつけた後、保湿美容液をつけましょう。特にお風呂上がりや洗顔後は肌の水分が蒸発しやすくなるので、すぐに化粧水をつけ保湿をすることが大切です。化粧水や美容液をつける際には、肌をこすらないようにします。化粧水や保湿美容液は手の平で温めてから、肌に染み込ませるようにハンドプレスをしながらつけるとよいでしょう。コットンの繊維は肌を傷つけることがあるので、いつもコットンを使っている場合でも手でケアをすることをおすすめします。保湿美容液はセラミドやヒアルロン酸など、保湿成分がしっかり配合されているものを選ぶと効果が期待できます。また、肌への浸透性が高いものを選ぶとよいでしょう。

もし肌が赤くなった場合は、その部分を冷やしましょう。水でタオルを濡らし、赤くなっている部分にあてます。赤みが強い場合は、タオルの中に氷を入れて冷やすのもおすすめです。赤みがひかない場合や痛みが出た場合は、できるだけ早く皮膚科で診察をしてもらうようにしてください。放置しておくと症状が悪化してしまい、シミなどの原因となることがあるので注意しましょう。

© Copyright Best Chemical Face Peels. All Rights Reserved.