ケミカルピーリングの種類

ケミカルピーリングに使われる薬剤は様々なものがある

ケミカルピーリングに使用する薬剤にはいくつかの種類があり、それぞれ作用が異なります。グリコール酸は日本人の肌質に合うために一般的に使用されている薬剤です。分子量が小さく、肌に浸透しやすい特徴を持っています。皮膚表面の角質を剥がれやすくする作用があり、古い角質が取り除かれることで新陳代謝が活発になります。これによりコラーゲンやエラスチンが増産されるようになり、きめ細やかな肌へと導いていく効果が期待できるのです。皮脂や毛穴のつまりを除去する作用あるので、ニキビの治療にも効果的です。ピリピリとした刺激感はありますが、基本的には我慢できる程度の痛みで済みます。

ケミカルピーリングには乳酸も使用されます。グリコール酸と比べて分子量が大きく、浸透が浅いのが特徴です。その分効果は弱めですが、肌に与える刺激が少なくなる利点があります。セラミドの増加による保湿作用やメラニン抑制による美白効果も期待できます。トリクロロ酢酸と呼ばれるTCAを使用するケミカルピーリングは、へこんだニキビ跡に効果的です。肌の奥深くまで浸透し、新たな細胞の生成を促します。強力な効果を持つ薬剤なので、顔全体ではなく局所的に施術するのが一般的です。

成分を混合して用いる方法もある

サリチル酸マクロゴールは、ピリピリとした肌への刺激が少ない特徴を持つ薬剤です。赤身や痛みが出ることが少なく、肌が弱いという方でも利用しやすいですね。肌の深部への浸透が少なく表面だけに作用しますが、強い角質を溶かす働きがあります。角質を除去して新しい角層を生み出すことできめ細やかな肌へとアプローチしていきます。シワやたるみの改善に効果的であり、毛穴の中までピーリングできるので毛穴の開きや毛穴のつまりにも有効です。また、サリチル酸エタノールと呼ばれるサリチル酸をエタノールに溶かした薬剤もあります。角質を除去する力がより強くなり、施術回数が少なくなるのが特徴です。しかし、肌への負担も大きくなり、施術後には十分なダウンタイムを取る必要が出てくる欠点もあります。

異なる成分を混合した薬剤を用いるミックスピーリングという方法もあります。作用が異なる薬剤のメリットを一度に受けられ、相乗効果も期待できるのが特徴です。ピーリングの浸透度が過剰に深くなるのを防げるので、副作用を抑えて安全に施術が受けられます。一方、効果が浅くなってしまう可能性があり、各薬剤に対するアレルギーについて確認する必要もあるデメリットが存在します。

© Copyright Best Chemical Face Peels. All Rights Reserved.